Philanthropy

「愉しみながら世のために貢献」を体現する

Club IRJの基本理念の1つでもある、「愉しみながら世のために貢献」を体現していく中で、Club IRJではフィランソロピー、特に寄付活動を大切にしています。

フィランソロピーとは

フィランソロピー (philanthropy) とは、個人や企業による社会貢献活動の総称を指す言葉で、ギリシャ語の愛 (フィリア) と人類 (アンソロポス) を組み合わせた造語です。

富豪が寄付や社会的投資を通じて社会的課題の解決を図るというフィランソロピーの形が米国で確立されたのは、19世紀末に実業家たちが、文化事業や教育分野に巨額を投じたことが始まりであありますが、フィランソロピーとは、本来的に、人々のwell being(心や体が健やかな状態で人生を送れること。幸福、健康、QOL等々)を改善したり高めることを目的とした、利他的的活動や奉仕的活動、等々を指しているため、フィランソロピーの実践に富の大小は関係ありません。

アミチエ ソン フロンティエールについて

世界中に20以上の支部をおくアミチエ ソン フロンティエール インターナショナル(ASFI)は、自分自身が愉しむことが人道支援に繋がる、ファンドレイジングイベント(ガラパーティ・スポーツ大会・文化芸術イベント・講演会)を行っています。

ASFIでは、世界中のハイソサエティな方が「アミチエ ソン フロンティエール」=「国境なき友情」を育み、最上の時間を愉しむことで人道支援を行うファンドレイジングパーティ(チャリティガラパーティ)に力を注いでおり、各支部は必ず年一回ファンドレイジングパーティを開催しています。日本支部では毎年2月にファンドレイジングパーティを開催しています。
モナコ本部では、毎年1月にモナコ公国のHotel de Parisにてファンドレイジングパーティを、7月にはモナコ公室主催の「薔薇の舞踏会」が行われるスポルティングクラブにてファンドレイジングパーティを開催しています。中でも、7月に開催しているファンドレイジングパーティには世界中より約1000名の会員が出席しています。
ファンドレイジングイベントを通して得た寄付金は、モナコ本部ならびにUNHCR本部を通して世界各地の災害・紛争・貧困・差別に苦しむ人々の支援に、時事最適に役立てています。

詳細はこちらへ

お問い合わせ